MENU

水害や土砂災害リスクの説明|お知らせ・不動産売却情報・不動産コラム|池田市で不動産売却を行っている「田村商会」

水害や土砂災害リスクの説明

水害や土砂災害リスクの説明

2020年8月28日から宅建業法施行規則が一部改正され、

物件所在地の水害のリスクについて、ハザードマップで

契約時に説明することになりました。

重要事項説明の対象項目に追加されています。

 

売買仲介では、かなり前から物件案内時に説明していますが、

賃貸仲介でもハザードマップの提示と物件所在地の明示が

義務となります。

 

土砂災害、内水、洪水でどのような被害が想定されているか等の

ハザードマップ記載内容の説明は任意とされています。

 

池田市内では、五月山に近い五月丘や畑などは広範囲に

土砂災害警戒区域が指定されています。

 

また、洪水は猪名川の氾濫による場合として、室町から満寿美町

神田1丁目から4丁目あたりの広範囲に浸水予測がされています。

 

少し前のハザードマップと比べますと浸水の高さが大きく

変更されています。

以前のマップでは50cm程度とされていた場所が今は50cm~

3mになっています。さすがにその根拠を疑いたくなる数字です。

 

以前のハザードマップは平成22年に改訂された物ですが、

昭和28年9月の台風13号で猪名川が洪水になった雨量139.5mm

の2倍の大雨が降った場合に発生すると仮定した洪水時に

国土交通省猪名川河川事務所が平成14年6月につくった浸水予測図を

もとに編集されたと書いてます。

今のマップには特に根拠となる資料や条件等は記載されていません。

猪名川の洪水で室町が本当に3mも浸水するのでしょうか。

 

監修者情報

監修者情報

代表 田村 佳寛(たむら よしひろ)

当社は3代にわたって、大阪府池田市エリアで地域に密着して営業活動を続けてきた不動産会社です。
地域に精通した「知識と人脈」を活かして、お客様の大切な不動産の売却に取り組んでおります。池田市の物件に精通した地元出身の代表自らが行っているからこそ、物件の特性、地域情報、相場、成約事例等について詳しくアドバイスすることが可能です。
不動産の売却を検討中のお客様は、お気軽にご相談ください。

代表紹介はこちら>>

お電話からも受付しています!

0120-65-77-55

営業時間 9:00~18:30 
定休日 水曜・第3木曜・祝日

不動産売却をお考えの方はこちら

仲介売却

少しでも高く売りたいとお考えの方には

高く売りたい方へ仲介売却

詳しくはこちら

できるだけ早く売却したい方には

不動産買取

不動産買取不動産買取

詳しくはこちら

仲介売却

物件の管理が大変、買い替えたい方

高く売りたい方へ益・事業用物件
売却も可能です!

詳しくはこちら

住宅ローンの支払いが難しい

滞納している方には

任意売却

不動産買取任意売却

詳しくはこちら

不動産の相続について

不動産の相続について

  • 不動産相続の税金
  • 相続の手続き

詳しくはこちら

空き家・空き地の放置リスク

空き家・空き地の放置リスク

  • 空き家にしたままのリスク
  • 空き家の活用法

詳しくはこちら

不動産売却が初めての方はこちら

Knowledge

不動産売却の基礎知識

不動産売却の基礎知識

詳しくはこちら

Point

不動産売却を
成功させるポイント

不動産売却を成功させるポイント

詳しくはこちら

Assessment

一括査定にご注意!
田村の正直査定について

一括査定にご注意!田村の正直査定について

詳しくはこちら

トップへ戻る